tea 台湾茶

台湾茶について

台湾茶は、もともと中国の福建省から台湾へ茶の木が渡ったのがきっかけと言われています。島国ならではの独特な気候と地理条件により、独自な発展を遂げ、台湾の独自製法でつくられるようになったお茶が、「台湾茶」です。中国茶の中でも人気が高く、1つのジャンルとして「台湾茶」と分類されています。台湾茶に代表されるのは、東方美人茶や凍頂烏龍茶などの「烏龍茶」。烏龍茶は「青茶」と呼ばれる半発酵のお茶で、不発酵の緑茶と全発酵の紅茶の中間であり、爽やかさとコクのバランスに優れた点が特徴です。一言に烏龍茶と言っても、多くの種類や銘柄が存在し、その特徴もさまざまです。また、台湾では「青茶」だけでなく、「紅茶」や「緑茶」も生産されています。
台湾茶の種類

台湾茶の種類

台湾茶は、一般的に発酵具合により6種類に分類されます。ゴンチャの代表的な台湾茶はその中で大きく以下の3種類に分かれます。
ジャスミン グリーンティー(緑茶)は、茶葉を発酵させず、釜炒りすることでつくられる「不発酵茶」。
ウーロンティー(烏龍茶)は、最も馴染み深い台湾茶である「青茶」の一種で、発酵部分の褐色と不発酵部分の緑色が混じり合って、見た目が青っぽく見えることが特徴の「半発酵茶」。
ブラックティー(紅茶)はイギリスの紅茶文化を受け、中国で独自に発展した「全発酵茶」。
発酵レベル
台湾茶の種類 発酵レベル
台湾茶の種類 発酵レベル

台湾茶の特徴

ジャスミン グリーンティー

ジャスミン グリーンティー

ゴンチャのグリーンティーは、緑茶とジャスミンの花を何層にも重ねて、茶葉にジャスミンの香りを移したものです。ジャスミンの華やかな香りと緑茶の爽やかな風味が楽しめます。「緑茶」は不発酵茶なので茶葉の香りが強く、ビタミンCやカフェインを多く含むため、頭をスッキリさせたい時や、朝の目覚めの一杯としてもオススメです。


ウーロンティー

ウーロンティー

日本でも定番のウーロンティー。ほのかに甘い香ばしい香りと、しっかりとしたコクを持ち、まろやかな口当たりが喉ごしをスッキリさせてくれます。また、ビタミンCやポリフェノールが豊富かつ、食後の胃腸の調子を整えてくれるので、こってりした食事と合わせて飲むのもオススメです。


阿里山 ウーロンティー

阿里山 ウーロンティー

高級台湾茶として有名な、高山茶の一種、阿里山ウーロンティー。鮮やかな黄金色が特徴の、限りなく緑茶に近いすっきりとした風味と、フルーツや花を連想させる甘い香りが、より豊かな気分にさせてくれる烏龍茶です。カフェインや、テアニン、ポリフェノールなどが多く含まれており、カラダを目覚めさせたい時やリラックスしたい時、食事の胃腸の調子を整えたい時など様々なシーンで活躍します。


ブラックティー

ブラックティー

一番発酵度の高いブラックティー、すなわち紅茶です。深みのある赤色が特徴で、お茶本来の持つ深みのある味わいが楽しめます。お茶は発酵度が高いほど胃に優しく、カラダを温める効果があると言われているため、胃が疲れた時や、冷え性が気になる方にもオススメです。


STORE 店舗案内
find your tea あなただけのゴンチャティーを
DRINK&FOOD ドリンク&フード
STORE 店舗案内
find your tea あなただけのゴンチャティーを
DRINK&FOOD ドリンク&フード
share us onTweet about this on TwitterShare on Facebook